フリーターから就職する!就活を有利にすすめる重要なポイントとは

フリーターから就職するための3つのポイント お役立ち情報

特にやりたいことが見つからず、流れのままフリーターになってしまった方もいるでしょう。
10代、20代はそれで良かったとしても、30代が近づくにつれて、フリーターであることに不安を覚える人も多いそうです。
また、
「卒業してからずっとフリーターだったから、ちゃんと就職できるか心配・・・」
と感じる方もいるかと思います。
そこで今回は、フリーターから正社員として就職するためのポイントを3つご紹介します。

就活ポイント①:フリーター期間が長くならないようにする

フリーターから就職するためのポイント1
正社員としての就職は、フリーター期間が長いほど不利になります。

同じ30歳の転職希望者でも、経歴がフリーターと正社員で比べると、身につけたスキルや実績は正社員のほうが高いことがほとんどです。

特に30代以降の就職・転職は、伸びしろよりも即戦力が重視されます。
そのため、実績がある社員のほうが採用される確率が高いでしょう。

また、面接では「どうしてフリーターをしていたか」を聞かれることも多いです。
そこでフリーター期間が長いと、面接官が納得する回答を用意する必要があります。
そのためフリーターからの就職を考えている方は、1日でも早く動き出すようにしましょう。

就活ポイント②:情報集めと自己分析

フリーターから就職するには、情報集めが大切です。
そのため日頃から求人・就職サイトなどで

  • 業界の動向
  • 企業の特色
  • 仕事内容

といった知識をつけていきましょう。

これらと合わせて、自己分析も深めておきたいところ。
就職できたとしても、
「やっぱり違った」
「もっと自分に合った業界を受けるべきだった」
と感じて、すぐ辞めてしまってはもったいないですし、転職活動はさらに厳しいものとなってしまいます。

そのため、就職活動と並行して

  • やりたいことは何か
  • 絶対にやりたくないことは何か
  • どんなライフスタイルが良いか
  • 10年後、20年後はどのようになっていたいか

などの質問項目を通して、自己分析をおこなっておくことをオススメします。

就活ポイント③:転職エージェントに登録する

フリーターから就職するためのポイント3
また、転職エージェントに登録することも考えてみてはいかがでしょうか。
転職エージェントとは、専門の担当者がピッタリの企業を紹介してくれるサービスを指します。

  • 求人企業の紹介
  • 就職する上での悩み
  • 面接の練習
  • 履歴書、志望動機の書き方

など、さまざまなサポートを受けることができます。
そのため、就職できる確率も高まるでしょう。

「でも、そんなにサポートしてくれるなら、すごいお金がかかりそう・・・」と不安に感じる方もいるかもしれません。
これに関しては、安心してください。
転職エージェントでは、依頼者が費用を支払う必要が無いことがほとんどです。

なぜなら、転職エージェントは、あなたが就職した企業から、あなたの年収の数十%を報酬として受け取るからです。
そのため、無料でサービスを受けることができます。

フリーターからの就職は、1人だと情報も集めにくく、心細いものです。
そのため、転職エージェントを利用し、プロのサポートを受けることを考えてみても良いでしょう。

転職エージェントは、マイナビやリクルートなどがあります。

就活ポイント④:未経験でも採用されやすい業界を狙う

フリーターでも就職しやすい業界
フリーターからの就職を成功させるポイントの3つ目は、「人手不足の業界を受ける」ことです。
たとえば、

  • 飲食業界
  • 医療、福祉業界
  • IT業界

では人手不足が叫ばれています。

飲食業界では、社員が確保できなかったために、営業時間が短くなったケースも。
たとえば、ファミリーレストランのロイヤルホストでは、2017年から24時間営業を停止しました。また、ガストやマクドナルドといった飲食・チェーン店でも、24時間営業の店舗を減らす動きが出てきています。
人材が足りないため、企業側も試行錯誤しているのです。

そのため上記の業界では、フリーターでも、社員として採用してくれる可能性があります。
中には未経験でも採用されるケースも多くあります。

しかしながら、全く経験が無い・知識も全く無い状態であれば選考では不利になってしまいます。
より就職活動を有利にすすめるために、それらの業界に関連したスキルをつけておくことをオススメします。

たとえば、プログラミングであれば、最近はオンライン学習でPCを使って無料で習得することが可能です。
その後実際にプログラミングで作ったアプリやサイトを、見本としてポートフォリオにまとめておき、応募時に提出するのも良いでしょう。

また、福祉関連資格の「介護職員初任者研修」は、最短1ヶ月で取得できます。
この資格は2013年まで「介護ヘルパー2級」という名称だったので、「聞いたことがある」という方も多いかもしれません。

介護職員初任者研修は、各自治体が指定している講座を受講し、筆記試験に受かれば資格が取得できるので、進路の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回はフリーターから就職するためのポイントを3つご紹介しました。
フリーターであれば、時間の融通が社員よりも利きやすいかと思います。
そのため上手にスケジュールを組み、資格やスキルを身につけてみるのも良いでしょう。
狙い目は、人手不足と言われている業界です。

正社員になれば年収のアップや、キャリアアップも望めます。また、アルバイト社員よりも長く働けるといった利点もあります。
ポイントを意識して、正社員登用を目指してみてはいかがでしょうか。