MANOMA勧誘が酷い?口コミ/評判/速度/解約時の違約金など徹底解説!

ジョブリエ編集部
MANOMA(マノマ)は勧誘がひどい、ネットの速度が遅いというウワサを聞いたけど、実際どうなの?本当のところを知りたい!

このような疑問、要望にお応えします。

MANOMAはソニーが提供するスマートホームサービスです。
いろいろな口コミ・評判がありますが、結論、「MANOMAのサービスについての誤解、勘違いが多い可能性が高い」と言えます。

記事では、口コミ・評判を紹介しつつ、MANOMAで実際に何ができるのか、本当のところどうなのかについて解説していきます。

この記事を読めば、MANOMAのサービスを正しく知っていただき、サービスに加入するかどうか、迷わず決められるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

本記事に記載している金額は、すべて税抜き表示です。

MANOMAのスマートホームとは

MANOMAは、ソニーが2018年10月から提供しているIoTを活かしたスマートホームサービスです。

IoTとは、Internet of Thingsの略。インターネットとモノをつなぎ、通信することで、例えば出先から自宅のエアコンを操作したり、玄関を施錠したりできます。
MANOMAって?

家族・ペットの見守り、防犯など、10以上の機能を使ったスマートホーム化で、暮らしが快適になります。

MANOMAでは、インターネット回線を使って各機器をコントロールできるようになります。
すでに自宅に引いているインターネット回線を使えますし、オプションで回線を契約することもできます。

MANOMAの最大の特徴

MANOMAの最大の特徴は、「AIホームゲートウェイ」をハブにし、各種機器をMANOMAの専用アプリで一元管理できることです。

AIホームゲートウェイの一元管理図

この機能は、AIホームゲートウェイに内蔵されているAmazonのAI「アレクサ(Alexa)」が基礎になっています。

実は、スマートホーム化自体は、Amazon Echo(AI「アレクサ」を内蔵している商品)があれば、DIY的に別売りの家電リモコンや必要な機器を買い足していくことで実現できます。

ただし、Amazon Echoでは、MANOMAのようにアプリで一元管理できるわけではありません。

MANOMAの最大の特徴、メリットは「アプリで一元管理できる」という点にあると言えます(機器の初期不良、既定の使用の上での故障にソニーが一元対応してくれるのも強みです)。

MANOMAの勧誘?悪質な営業への対処法と注意点

MANOMAの勧誘電話

「悪質な営業を受けた」というよくない口コミがあります。

ここでは、悪質な勧誘・営業の実例と口コミを紹介した後、考えられることについて解説していきます。

MANOMAの勧誘電話・営業の実例、口コミと対処法【まとめ】

勧誘・営業の口コミをまとめると、以下の3点にまとめられます。

  1. インターネット回線が安くなるという話をされた
  2. 他社名を名乗って勧誘してくる
  3. しつこく勧誘の電話が来る

上記のような口コミは、少し検索すればすぐに見つけられます。

対処法を一言で言えば、仮に電話などで勧誘・営業を受けたとしても、正しくサービスについて理解した上で、公式サイトから契約するということです。

ただし、上記の口コミにはかなり誤解もありそうです。
以下、詳しく解説していきます(もちろん、誤解を与えるような営業行為があったこと自体をよしとするものではありません)。

MANOMAはインターネット回線が安くなるという勧誘電話がきた

父は「MANOMA」がスマートホームサービスだと知らず、電話で「安くwifiがつかえる」と聞かされて家族に相談せずに契約してしまったようです。

(Yahoo知恵袋より引用)

すでに説明しましたが、MANOMAはインターネット回線サービスではなく、スマートホームサービスです。

実際にオプションの「nuroモバイルHome Wi-Fi(M)」を契約すれば、インターネット回線を安く使うことができます。

だからこそ、通信費を抑えたいと思っている方には、メリットが必要以上に大きく聞こえてしまったと言えるかもしれません。

他社名を名乗ってMANOMAの勧誘をしてくる

MANOMAの勧誘は要注意ですよ。NTTを名乗って新型のモデムのお取り替えサービスのご案内です。新しい物を送るので交換して使って下さいとか言ってきます。話を進めて行くと今加入しているサービスを解約させ、新規加入させる様に仕向ける新手の営業です。

(Twitterより引用)

MANOMAは、公式サイト、販売代理店、催事場で契約できますが、電話勧誘・営業をしているのは主に「販売代理店」です。

販売代理店は、インターネット回線事業者のこともあるでしょうし、それ以外のこともあります。

上の口コミでは、「NTTを名乗って」とありますが、NTT系のインターネット回線事業者はたくさんあり、NTTだとウソをついたとは考えにくいです。

時間をとり、よく調べたいという方は、遠慮せずに断り自ら公式サイトにアクセスするのがいいでしょう。

しつこくMANOMA勧誘の電話が来る

SONYネットワークの代理店からMANOMAの勧誘電話きたけど、しつこ過ぎてキレそう
皆もかかってきたら即切った方が良い

(Twitterより引用)

代理店はいくつもあるので、複数の代理店の勧誘・営業が集中してしまった可能性があります。

また、今後のスマートホームの趨勢を考えて、シェア拡大のために積極的に営業していたことも考えられます。

わたし自身も別件で電話営業を受けたことがあります。
「少しお話をさせていただいてよろしいでしょうか?」と聞いてくるはずなので、興味がなければ「契約する可能性がないので、結構です」ときっぱり断ってしまいましょう。

成約する可能性がないお客様に対して営業する時間が省けるので、むしろ代理店側にとってもありがたかったりします。

MANOMAの口コミ・評判【一部、間違った口コミも…】

MANOMAの口コミ評判

MANOMAがサービスを開始してから1年以上が経ち、さまざまな口コミ・評判が出ています。
ここでは、よくある口コミ・評判をまとめた上で、それぞれについて解説していきます。

口コミ・評判のまとめ

2019年~2020年のツイート、Yahoo!知恵袋からMANOMAについての口コミを分析しました。
口コミは多数ありましたが、おおよそ以下3点にまとめられます。

  • MANOMAはネットの速度が遅い
  • 3日で10GBの通信制限がある
  • 解約時に多額の請求がある

MANOMAはネットの速度が遅い

「MANOMAはネットの速度が遅い」という口コミが一番多くありました。

SONYのMANOMA、速度遅い気がするぞ。これだったら今まで通りのNTTでいいんじゃないか?頼むよ!

(Twitterより引用)

速度が遅すぎてYouTubeもまともに見れないし、Amazonプライムビデオも楽しめません

(Yahoo知恵袋より引用)

実際に、理論値、実測値とも、他の回線や機器と比べるとやや遅くなっています。

MANOMAソフトバンクAirフレッツ光
製品MANOMAホームゲートウェイソフトバンクエアー本体フレッツ光のロゴ
理論値(下り最大370Mbps481Mbps1Gbps
平均実測値*(下り)9.6Mbps27.2Mbps181Mbps
インターネット回線名ドコモ回線(XiおよびFOMA)ソフトバンク回線フレッツ光(光回線)

*:全国各地での測定結果を確認できる「みんなのネット回線速度」https://minsoku.net/による(2020年4月15日確認)

ただし、平均で9.6Mbpsの速度が出ていれば、YouTubeや映画のダウンロードなどは快適にできます(5Mbpsで十分です)。利用する地域や建物によって速度が遅く出た可能性も考えられそうです。

また、ネット回線速度に関しては、以下2つを知らないがための、誤った認識もありそうです。

  • MANOMAのネット回線契約は、あくまでオプション
  • すでに自宅に光回線がある場合などは、それを使える

MANOMAは、インターネットを利用したスマートホームサービスのため、インターネット回線につなげる必要があります。

しかし、MANOMAで契約できるインターネット回線(nuroモバイル Home Wi-Fi (M))はあくまでオプションであり、必ずしも契約しなければならないわけではありません。

そして、ホームページのnuroモバイル Home Wi-Fi (M)オプションの注意事項にも『 高速/大量のデータ送受信には不向きのインターネット回線ですので、ご了承ください。』と記載されています。

nuroモバイル Home Wi-Fi (M)の注意事項

自宅に光回線(もちろんモバイルWi-FiでもOK)があれば、AIホームゲートウェイを光回線につなぐことで、オプション「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」よりも速度は圧倒的に速くなります。

オプション「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」はドコモ回線をしています。この回線で通信できるエリアは全国で広くカバーされていますが、詳しくはドコモの公式サイトドコモの公式サイトをご覧ください。

3日で10GBの通信制限(速度制限)がある

MANOMAのオプション「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」は、3日で10GBを超えた場合、速度制限がかかりますが、これに対してよくない口コミが多くみられます(4日目に直前3日間の1日目のデータ通信量が解放されます)。

MANOMAってネット勧誘来たんだけど、3日10GBで通信制限ってキツくない????
めっちゃ「いやいや!足りるって!!心配しなくていいからwww」って感じなんだけど、実際どうなの?

(Twitterより引用)

MANOMAくん、速度制限がエグすぎる

(Twitterより引用)

ただし、これについても知っておくべきポイントが2つあります。

  • 3日で10GBは「一般的な使い方」では、超過しにくい
  • 速度制限は「注意事項」として説明されている

まず、メール転送、YouTubeの視聴、映画のダウンロードなどの「一般的な使い方」なら、「3日で10GB」は到底超過しません。

動画視聴でのデータ通信量の目安は、以下の通りです。

データ通信量視聴時間の目安
1GB約4.5時間
3GB約13.5時間
7GB約31.5時間

※上記は中程度の画質での視聴のため、画質を落とせばさらに長時間の視聴ができます

実際に、わたしの自宅では、4人家族です。
わたしは仕事で1日中インターネットを使い、子どもたちは暇さえあればYouTubeを見ていますが、3日で10GBを超えたことはありません。

次に、速度制限は「注意事項」にも明記されています。

MANOMA速度制限の注意事項

これは、「nuroモバイル Home Wi-Fi (M)」のオプション契約画面です。

同様の速度制限は、WiMAXなど、他のモバイルルーターなどでもよく設けられています。

よく確認してから契約するのがいいでしょう(もちろん、自宅の光回線を利用する場合は、速度制限はかかりません)。

解約時に多額の請求がある

「MANOMAの解約時に多額の請求があった…」「違約金が高すぎて解約できない」という口コミもいくつかありました。

manomaはまじでやめたほうがいい
回線クソだし解約するのにめちゃ金かかる

(Twitterより引用)

MANOMAは、解約時に請求が発生することがあります。
ただしこれは、機器と工事費の分割払いの未払い分で、違約金(解約手数料)ではありません。(違約金はいつ解約してもゼロです)

契約後3年間で支払い完了となるため、例えば、シンプルプランを契約後1年で解約した場合、59,564円の支払いが必要になります。

MANOMAのプラン2つ、オプション4つ【インターネット回線は強制ではありません】

MANOMAは、シンプルプラン、トータルプランの2つの基本プランとオプション4つが用意されています。

代理店によっては、独自のプランを販売していることもありますが、この記事では、公式サイトで契約できる上記2つのプランと、4つのオプションについて紹介していきます。

契約できるプラン、付属機器まとめ

公式サイトで契約できるのは、シンプルプランとトータルプランの2つで、月々の料金は以下の通りです。

利用開始月2~7ヶ月目8~13ヶ月目14~37ヶ月目38ヶ月目以降
シンプルプラン0円990円1,980円3,580円3,580円
トータルプラン0円3,980円3,980円3,980円3,580円

※オプションを契約しなければこの金額で利用できます(機器の分割払い、工事費を含んでいます)

いずれもAIホームゲートウェイをハブとして、家電などをアプリで一元管理できるのは変りませんが、プランによって、付属機器が異なるため利用できる機能の範囲が変ります。

以下、それぞれのプランの付属機器です。

AIホームゲートウェイ

AIホームゲートウェイ

MANOMAのハブ(司令塔)。Amazonアレクサを搭載(※)

室内コミュニケーションカメラ

室内コミュニケーションカメラ

暗い場所でもはっきり見える室内カメラ(※)

スマート家電リモコン

 

スマート家電リモコン

外出先や音声で家電をコントロール。部屋の温度もわかる。

Qrio Smart Tag

Qrio Smart Tag

家族の在宅状況がわかり、家族のスマホに通知を送れる。

Qrio Lock

Qrio Lock

スマホ、スマートウォッチ、リモコンでのカギの施錠ができる。

Qrio Hub

Qrio Hub

Qrio Lockと連携、遠隔地からの施錠、Amazonアレクサと連携し音声での鍵の施錠ができる。

開閉センサー

開閉センサー

不在時の窓の開閉をスマホへの通知で知らせる。

シンプルプランには「※」のついた『AIホームゲートウェイ』、『室内コミュニケーションカメラ』が付属、トータルプランにはすべての機器が付属しています。

シンプルプランでできること

AIホームゲートウェイ、室内コミュニケーションカメラが付属するシンプルプランでは以下、2つのことができます。

シンプルプラン
  • カメラを通した外出先からの見守り
  • 人感センサーによる侵入者の感知

カメラを通した外出先からの見守り

MANOMA外出先からの見守り

室内コミュニケーションカメラから、アプリを通して部屋の状況を確認でき、顔を確認しながら会話もできます。

お子様や、高齢なご家族などがいる場合、買い物に出かけたり、1階2階で離れて仕事をしたりするときなども安心でしょう。

よくある室内カメラとは異なり、レンズカバーがあるのもプライバシー保護の観点からメリットが大きくなっています。

人感センサーによる侵入者の感知

人感センサー

室内コミュニケ―ションカメラに内蔵された人感センサーが、不審者の侵入を、大音量とアプリへの通知で知らせてくれます。

人感センサーは室内コミュニケーションカメラの周囲、半径5m以内の温度の変化を感知する仕組みになっています。

在宅中であれば、状況次第ではすぐに110番できるでしょうし、外出先でもオプションの「セコム駆け付けサービス」に加入していれば、アプリ経由でセコムを派遣できます。

セコム駆けつけオプション

トータルプランでできること

トータルプランなら、MANOMAの機能をフル活用できます。

シンプルプランの2つの機能に加え、以下の4つができます。

トータルプラン
  • 家電のオンオフなどのコントロール
  • スマートタグによるスマホでの帰宅通知確認
  • 外出先からなど、ドア鍵の自由度の高い施錠
  • 窓からの侵入者の感知

+シンプルプランの2つの機能

家電のオンオフなどのコントロール

MANOMAで家電のONOFF

AIホームゲートウェイ、家電リモコンを通して、アプリや音声で家電のオンオフなどをコントロールできます。

室内コミュニケーションカメラで外出先から室内を確認しつつ家電を操作したり、在宅時には声で家電を操作できるので、安心かつ便利ですね。

赤外線機能(リモコン)付きの家電に対応しているので、すでにお持ちのエアコン、テレビ、照明具などに使えます。

スマートタグによるスマホでの帰宅確認

スマートタグ使用例

お子様にスマートタグを持たせておけば、帰宅状況を確認できます。
室内コミュニケーションカメラと連携すれば、見守りにも活用できますね。

Qrio Smart Tagをスマホアプリに登録することで、タグの位置情報を拾う仕組みなので、貴重品などにタグをつけておけば、忘れ物やなくし物も防げます。

ドア鍵の自由度の高い施錠・解錠

ドアの施錠

ドアの前で鍵を取り出して、施錠・解錠するという手間が完全になくなります。

外出先での操作、スマホでの操作、スマートウォッチでの操作はもちろんですが、ドアの前に立つだけで解錠したり、ドアが閉まった際に自動で施錠したりする機能もあります。

鍵の開け締めの履歴をチェックすることで、不正なドアの開閉がなかったかどうかを確認することもできます。

窓からの侵入者の感知

窓からの侵入者感知機能

室内コミュニケーションカメラ内蔵の人感センサーよりも精度高く、窓からの侵入にピンポイントで備えることができます(泥棒の6割が窓からの侵入と言われています!)。

侵入者を感知した時の対応は人感センサーと同じで、AIホームゲートウェイからの警報、アプリへの通知になります。

オプションの「セコム駆け付けサービス」に加入していれば、アプリ経由でセコムを派遣できます。

MANOMAのオプション4つ【無料あり、入っておくだけで安心】

MANOMAでは、上記2つの基本プランに加え、以下4つのオプションに加入できます。

料金(月額)サービスの内容
nuroモバイルHome Wi-Fi(M)2,000円
(当初、事務手数料3,000円、SIMカード準備料400円がかかります)
AIホームゲートウェイにSIMカードを差し込み、Wi-Fiルーターとして使えるようになります。月々のデータ通信は使い放題ですが、3日で10GBを超過すると速度制限がかかります。
セコム駆け付けサービス駆けつけ1回5,000円/30分セコムに連絡し、自宅などに派遣するサービスです。不審者の侵入があった場合、スマホへの通知を受け、アプリからセコムに派遣を依頼できます。
MANOMA訪問サポート訪問1回8,500円~
(サポート受付先:0120-260-237)
機器の初期設定などを、業者がしてくれるサービスです。設定する機器の種類や数、トラブルの内容などによって料金に幅があります。
MANOMA解決サポート500円(遠隔サポート含む)MANOMAサービス、機器操作などについてアドバイスを受けられます。また、サポートセンターから遠隔操作を受け、不具合をチェックしてもらえます。

それぞれのオプションサービスは、いざという時に使いこなせるよう、具体的にどのようなことができるのかを確認しておくのがいいでしょう。

繰り返しになりますが、ネット回線(nuroモバイルHome Wi-Fi(M))の契約は義務ではありません。

料金はかなり安めですが、地域によっては速度が出にくいこともあるので、よく確認するのがいいでしょう。(地域別のネット回線速度は、みんなのネット回線速度みんなのネット回線速度でチェックできます。)

MANOMAはおすすめできる?

ここまで解説してきた通り、MANOMAはアプリで家電などを一元管理できる便利なスマートホームサービスですが、おすすめできる人ばかりではありません。

契約して「こんなはずじゃ…」とならないよう、おすすめな人、おすすめでない人についてまとめていきます。

MANOMAがおすすめな人

MANOMAがおすすめな人は、以下のような用途の方でしょう。

  • 自宅にお子様や高齢者の方、ペットがおり、室内の状況をカメラで確認したいシチュエーションがある
  • 家電やドアの施錠・解錠などを少しでも便利、かつ、安全にしたい
  • (上記に加えて)安くWi-Fiホームルーターを契約したい

今後、さらに高齢な親御さんと住む世帯や共働き世代が増えていくので、ますます需要が高まっていくでしょう。

室内の状況を外出先で確認、テレビ通話もでき、家電の操作や不審者の侵入にも対応できるので、自宅の安心確保やより便利に暮らしたい方におすすめです。

MANOMAがおすすめでない人

一方で、MANOMAは、以下のような人にはおすすめとは言えません。

  • MANOMAをWi-Fiルーターとしての用途だけで使いたい人
  • すぐに解約する可能性のある人

MANOMAは、AIホームゲートウェイを使ったスマートホームサービスで、インターネット回線サービスではありません。

MANOMAを使うため、インターネット回線をオプション契約できますが、光回線などに比べると速度が遅い場合があります。

特に、オンラインゲームなど、大容量のデータ通信を行う場合は、かなり厳しいでしょう。

また、機器や工事費は3年の分割払いで完済する料金設計になっており、3年以内に解約する場合は未払い分を一度に請求されます。

すぐに解約する可能性のある人にとっては、おすすめとは言えません。

MANOMAの解約方法【まずは電話】

MANOMAのサポートデスク

MANOMAの解約方法やクーリングオフなどについて解説していきます。

解約方法

MANOMAの解約は、サポートデスクに電話して行います。

MANOMAサポートデスク電話番号:0120-183-019
対応時間:9時~18時

サポートデスクでは、契約内容、分割支払いの未払い分の確認、工事日の変更など幅広く対応してくれるので、困った時には電話をしてみましょう。(とても丁寧に対応してくれますよ!)

クーリングオフ【8日以内なら請求額ゼロ】

以下の条件を満たせば、クーリングオフ制度を使えるため、請求額ゼロで解約できます。

  • 実店舗で契約した場合:「重要事項説明書」の受領から8日以内にサポートデスクに電話
  • Webで契約した場合:機器の到着日から8日以内にサポートデスクに電話(Web契約の場合は書面は送られてきません)

思ったように使いこなせないと感じたり、MANOMAのオプションで契約した回線が遅いと感じたりした場合でもOKです。

8日以内にサポートデスク(0120-183-019)に電話しましょう(8日を過ぎると、クーリングオフは使えなくなるため、特に気を付けてください)。

MANOMA解約時の費用と注意点について【違約金はかかりませんが…】

MANOMA解約時に請求される費用、損をしないための注意点について解説します。

解約時に請求されるのは、分割払いの未払い残高

MANOMAは、光回線やかつてのスマホのような「2年縛り」などはなく、解約時の違約金はありません。
ただし、月々支払っている機器代金、工事費の未払いがあれば、解約時にまとめて請求されるので気を付けてください。

プランごとの分割支払い額は、以下の通りです。

プラン、料金の種類2ヶ月目3~37ヶ月目
シンプルプラン機器料金2,737円2,482円
トータルプラン機器料金3,344円2,591円
工事費573円464円

※シンプルプランには工事費はなく、トータルプランには機器の設置代金が組み込まれています

上記の通り、3年間で支払い完了になります。
3年以内に解約した場合、未払い分が請求されることになります。

サポートデスクでも未払い残高を確認できるので、分からなくなってしまった場合は、電話するといいでしょう。

損をしないための解約の注意点

解約する場合、サポートデスクに電話(解約を申請)した日ではなく、その日を含む月末日が解約日となるので注意してください。

解約の予定がある場合は、余分に請求されないよう、気をつけましょう。

その他の注意事項は、以下の通りです。

  • オプションサービスのみを残す(基本プラン(シンプルプラン、トータルプラン)の契約だけを解約)ことはできません
  • オプションサービスだけの解約はでき、解約の手続きをした日が解約日になります(料金は日割りではなく1ヶ月分かかります)
  • 解約すると、窓の開閉センサーのみ使えなくなってしまう(他の機器はMANOMAアプリではなく、個別のアプリで使うことができます)

特に、MANOMAを解約すると、オプションで契約したネット回線も解約することになるので注意してください。

今のネット回線契約を維持するか、MANOMAで新たに契約するかは慎重に検討するのがいいでしょう。

スマートホーム業界のこれから

IOTの図

IoTの技術を活かしたスマートホームは、2017年前後に普及し始めたサービスで、スマートホーム市場は2025年までに10~30%程度の成長が見込まれています。

2020年3月には、ドコモ、au、ソフトバンクが5Gサービスを提供開始するなど、スマートホームサービスにも追い風が吹いています。

日本では、今後さらに高齢化が進むこともあり、スマートホームサービスはますます拡大する見込みで目が離せませんね。

ジョブリエ編集部まとめ

ジョブリエ編集部
この記事では、ソニーの提供するMANOMAについて、その口コミ・評判を紹介しつつ、MANOMAで実際に何ができるのか、本当のところどうなのかについて解説してきました。

スマートホームサービスは、比較的新しいもので、馴染みのない方が多いのではないでしょうか。
だからこそ、MANOMAをインターネット回線サービスだと勘違いしてしまったり、代理店の営業をうのみにしてしまったりということが多いようです。

記事では、MANOMAについて正しい情報を漏らすことなく解説しているので、ぜひ参考にしていただき、必要性をよく検討の上、契約する場合は、公式サイトから契約するのがいいでしょう。

この記事が、MANOMAを契約するかどうかの参考になれば幸いです。

会社概要

会社名ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
代表取締役 執行役員社長髙垣 浩一
設立日1995年11月1日
資本金79億69百万円
従業員数1,473名[2019年3月31日現在連結] 884名[2019年3月31日現在単独]
HPソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
https://www.sonynetwork.co.jp/MANOMA公式サイト
https://manoma.jp/
アクセス(本社)
〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド TSタワー