キーネットワーク(株)の評判口コミ!スカウト業界はブラック?ホワイト?

ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社は、レイスグループのグループ企業で人材を探し出して企業への紹介業務を行う、口コミで評判なスカウト・ヘッドハンティング会社です。

有能な人材や事業に適した人材を求めるクライアントからの依頼に基づき、適した人材をリサーチして、面談や転籍などの橋渡しを行います。

今回は、キーネットワーク株式会社の評判や口コミをメインに、スカウト業界の実情について、ホワイトなのかブラックなのかという深い部分まで切り込みたいと思います。

キーネットワーク株式会社への就職を考えている方やスカウト業界について知りたい方、ヘッドハンティングを受けたけどどうしようと悩んでいる方は、評判や口コミなどを含めてぜひ参考にして下さい。

キーネットワーク株式会社とは

キーネットワークのトップ画像

キーネットワーク株式会社とは、優秀な人材を求めるクライアント企業に対し、パートナー契約を結ぶ強力なネットワークなどを駆使してスカウト・ヘッドハンティングを行ない、マッチングを主な事業として活動する会社です。

年間5,500社への支援を行う経営ソリューション事業を展開しているレイスグループのグループ企業であり、キーネットワーク株式会社はマーケティング・リサーチ部門を担っています。

企業理念

キーネットワーク株式会社は、スカウト・ヘッドハンティングを行う会社として『経営者と貴方を繋ぐ「架け橋」であり、「人生の未来創造をお手伝い」する』と掲げています。

事業内容

キーネットワーク株式会社が展開する事業内容はスカウト・ヘッドハンティング事業のほかに、マーケティングリサーチ事業、経営顧問事業、Webソリューション事業、コンサルティング事業などを手掛けています。

対応業界・分野

キーネットワーク株式会社に人材探しやヘッドハンティングを依頼できる業界、分野の一覧です。

  •  建設・不動産業界
  •  卸売(商社含む)
  • 小売業
  • サービス業界(広告含む)
  • 情報・通信業界
  • 倉庫・運輸業界
  • 金融業界
  • 商品業界
  • 医薬品業界
  • 化学業界(化粧品含む)
  • 電機・自動車業界
  • 金属製品業界
  • 経営(CEO/CFO/CTOなど)
  • 管理(経理/財務/法務/人事)
  • 新規事業立ち上げ
  • アーリーステージ企業

幅広いスカウトのネットワークを構築しているので、様々な分野に対応しています。

ガイアの夜明けでもクローズアップされたスカウトでの転職

ガイヤの夜明けでクローズアップされたキーネットワーク株式会社

2007年に放送されたガイヤの夜明けにて、レイスグループのスカウトによる転職がクローズアップされました。番組では、「若手エリートを確保せよ」というタイトルで、人材流動化時代を迎える中、優秀な若手エリートをスカウトするキーネットワーク株式会社の事業について密着しています。

キーネットワーク株式会社のスカウト部隊が日々エリートの発掘に奔走する様子や、スカウトの力を借りて優秀な人材を確保したい企業側の状況、スカウトされ転職について悩む人の決断の瞬間にカメラが入りました。

スカウトでの転職・採用は、人口減少に伴う求人倍率の上昇や、人材難を背景に年々関心が高まってきており、テレビ番組でも取り上げられるほど、キーネットワーク株式会社の事業は企業からも会社員からも注目されています。

キーネットワーク株式会社でスカウト・ヘッドハンティングされた方の評判/口コミ

キーネットワークの評判口コミ
ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社からスカウト・ヘッドハンティングされた方の評判や口コミはどのようなものがあるのか調査し、まとめてみました。

最初は怪しいと思ったが説明が丁寧で信頼できた

突然のキーネットワークからの電話で怪しいと思ったが会って話を聞いてみると自分を評価している点が明確で、会社や業界に合うポイントの説明が丁寧だった。

数回会って転職を決めたが、給料は昇給し、仕事も責任感のあるものになって充実している。

最初は知らない番号からの電話に怪しいと感じてしまう人も多いようですが、キーネットワーク株式会社の担当者による説明の丁寧さや評価の明確さから信頼できたという評判が複数見受けられました。

スカウトによる転職先でやりがいを得られている

前職での営業成績を評価されてスカウトされました。
転職先では事業の黒字化に成功して、やりがいや達成感を得られています。

キーネットワーク株式会社のスカウトによって、やりがいを感じられる仕事に転職できた方もいるようです。

熱意に打たれて転職を決意

電話に出ると、ヘッドハンティングの話で、私も初めての経験で少し怪しいとは思いましたが、丁度転職を真剣に考えていた時期でもあったのでとりあえず後日会うことにしました。会って話をすると同業他社からの話とのことで、私もよく話を聞く会社からのお誘いでした。
その後、何度か転職エージェントの方、転職先の方とお会いし先方の熱意に打たれ最終的に転職を決断しました。

電話では不安を拭いきれなくても、会って話すことで信頼関係を築くこともできます。当初は転職するつもりがなくても、担当や転職先の熱意、良い転職先の紹介によって転職を決められる方もいるようです。

一本の電話が次のチャンスに繋がる可能性も

会社の固定電話にキーネットワークからのスカウト電話が来ました。ある業界からのスカウトの話があるので、一度お会いして詳細を伝えたいと何度か電話をもらったので面談することにしました。

キーネットワークから候補者個人に問い合わせがあったということは、「あなた自身が優秀なキャリアの持ち主だと認められた」証拠です。
もちろん、ヘッドハンティングなんて未経験な方は、最初は戸惑うでしょうし疑うのも当然です。
エージェントが話す内容に納得できなければ断れますが、「せっかくのチャンスだ」だと思って話しを聞いてみるところからチャレンジしてみれば、更なる成長へ繋げられるかもしれません。

徹底的な情報保障もキーネットワークならでは!

自分をスカウトしたいという企業名は、電話の段階では教えてもらえませんでした。
確かに、スカウト企業側にとっても大切なスカウト話の詳細を軽々しく電話で伝えるようなら信用問題になるでしょう。そして、いざ面談となりスカウト企業が明らかになった時、自分としては思ってもみない企業でした。

恐らく、最初の問い合わせで具体的な情報を明かさない点が、「キーネットワーク=怪しい」というイメージをより強固にしているのでは。
スカウトを行っている手前、様々なクライアントや候補者の情報を扱っているので、どんなに魅力的な経歴を有した相手でも初手で具体的な話しに持ち込むことは、それこそプロなら絶対にあり得ないでしょう。そこは、情報収集に長けたキーネットワークの武器といっても過言ではないと思います。

スカウト・ヘッドハンティングされた方の評判/口コミまとめ

ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社からスカウト・ヘッドハンティングされた方は、突然のスカウト電話に最初は怪しいと警戒する人が多いようですが、電話や直接会う面談での丁寧な対応に良い印象を持った方が多いようです。

また、スカウト・ヘッドハンティングによって転職した先で、転職前よりも給料が上がったり、やりがいの感じられる仕事ができたりしている方も多く、評判や口コミから満足度が高いことが分かりました。

キーネットワーク株式会社の強み・こだわり

スカウト候補者
ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社の評判・口コミを紹介しましたが、なぜ評判が良いのでしょうか。キーネットワーク株式会社がなぜスカウトに強いのか、そしてこだわっているところはどこなのかを調べました。

リサーチ能力の高さ

スカウト会社として重要なのはクライアントが求める人材をすぐに見つけ出せるリサーチ能力です。

キーネットワーク株式会社では、日本全国1,300名を超えるパートナーと契約し優秀な人材をリサーチする独自の人脈網があることが強みです。

そしてデータベースとして、人材候補者の経歴やスキル、性格などがデータ化されているので、クライアントからの依頼に迅速に対応できるのです。

企業と人材のマッチングを優先

キーネットワーク株式会社は、転職で重要視することにマッチングをあげています。

一般的に好条件の転職でも、人材が乗り気でなければ無理に勧めることはしません。
クライアント企業が求める人物像、そして候補者が希望する就業環境などが適切にマッチしていると判断して初めて転職を前提に話を進めることになります。

対面コミュニケーションを重要視

近年、インターネットを使い、スカウトメールをばらまくようなスカウトが多くなっていますが、キーネットワーク株式会社では対面コミュニケーションを重要視して、必ず人材と直接会います。

一度会うという手間をかけることにより、候補者が自由に記入したデータだけではなく、ヘッドハンターが人材の経歴やスキル、性格や雰囲気などの詳細を把握し見極めてからクライアント企業に紹介するので、マッチングの可能性も高くなります。

「スカウト」「ヘッドハンティング」とは?

契約するビジネスマン
ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社のメイン事業であるスカウトとヘッドハンティングとはどのような仕事なのでしょうか。

ここでは、スカウトとヘッドハンティングの流れ、人材紹介や人材派遣との違い、転職エージェントとの違いなどについて見ていきたいと思います。

「スカウト」「ヘッドハンティング」はクライアントありき

まず、スカウトとヘッドハンティングは人材を求めるクライアント企業があって初めて成立します。

クライアントがどのような人物を必要としているのか、それを正確に把握し、適切な人材を紹介するのがスカウト・ヘッドハンティング業になります。

スカウト・ヘッドハンティングの流れ

ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社で行っているスカウト・ヘッドハンティングの流れです。
  1. クライアント企業からの依頼
  2. クライアント企業に対して求める人物についてのヒアリング
  3. 人材リサーチとアポイントの開始
  4. 人材に直接電話をして、面談の約束を取り付ける
  5. ホテルのラウンジなどで面談

転職市場にいない人材を見つけ出すことや、非公開求人もある

スカウトでは、その時点で転職を希望していない“転職市場にいない人材”や転職サイトなどには募集をかけない“非公開求人”に対応します。

今の会社の給料や仕事内容に満足している人でも、スカウトから新しい仕事場での仕事内容や待遇などを聞くことで、自分の可能性や違う将来をイメージしたり、自分でも気がついていなかった不満を解消できたりと、新しい一歩を踏み出すことができます。

ある日突然電話がかかってきてスカウトを受けるのは怪しい、胡散臭いと思いがちですが、日本での終身雇用神話が崩壊や転換期を叫ばれる今、転職は悪ではなく、自分自身のスキルや実績を認められた上での正当な行為です。

また、一般的な転職・求人サイトには経営層や管理職などの求人は掲載されることがなく、非公開求人になるケースが多いです。
これは、新規事業展開の情報を隠すためや製品開発の極秘プロジェクト、競合企業からの引き抜き案件など、企業名を公にしないで人材募集する必要があるからです。

そういった場合にも、スカウトは有用なサービスとなっています。

登録型人材紹介・人材派遣との違い

人材紹介や人材派遣は基本的に転職したい人が自分で登録するものです。

一方、スカウト・ヘッドハンティングはクライアント企業からの依頼に基づいた即戦力・高収益人材を探し出し、マッチングさせる仕事になります。

転職エージェントとの違い

転職エージェントは、転職を希望する人が自分で条件を出して転職エージェントと話し合い、それを支援する仕事です。

最終的に人材と企業とをマッチングさせるという点では一緒ですが、スカウト・ヘッドハンティングの場合、最初は転職の意志がなかった人材にもリサーチとアプローチをかけ、転職へと導きます。

また、転職エージェントは転職希望者の条件に合えば複数の企業を紹介してマッチングを目指しますが、スカウトの場合はクライアントの条件にピッタリ合う人を見つけ出し、最良の組み合わせを実現します。

スカウト・ヘッドハンティングされる人とされない人の違い

ジョブリエ編集部
スカウトやヘッドハンティングはクライアント企業が求める人物像があるので、対象となる方はその条件に合った人ということになります。

そのためかなり絞られることになりますが、スカウト・ヘッドハンティングされる人材には共通する事項もあります。

スカウト・ヘッドハンティングされやすい人材の条件

スカウト・ヘッドハンティング時に重要視される条件は、プロジェクトなどでの「実績」、ビジネスを広げる「人脈」、グローバル化に対応できる「英語力」、といった仕事に直結した能力です。

一方、仕事とは直結しないまでも、良好な人間関係を築ける「ヒューマンスキル」、仕事に対して前向きな「向上心・性格」を持った人物は、ヘッドハンターの目にとまりやすいと言えます。

情報はどこから?なぜスカウトされた?リサーチ方法について

キーネットワークのリサーチ方法
ジョブリエ編集部
スカウトやヘッドハンティングされた人の中には「ある日突然会社の電話に名指しで電話がかかってきた」という人が多くいます。

突然かかってきた電話に対し、ほとんどの人がどこから情報を入手したのか警戒心をもって電話に出ることになります。

ただ、この電話は電話帳の上から順番にかけるような闇雲な営業とは異なり、スカウト会社がリサーチ力を活かした結果なのです。

強力なパートナー契約

先ほども紹介したように、キーネットワーク株式会社では各分野に豊富な人脈を抱えるパートナーが全国に1,300名も存在し、常時スカウト網を張り巡らせ、優秀な人材を紹介してもらえる強力なネットワークを構築しています。

公開されている情報源から

情報はどこから入手したのかと不安に思う人もいるかと思いますが、誰でも閲覧できる新聞や雑誌、ホームページなどには、会社の実績やプロジェクトの情報などが一般に公開されているのでリサーチの情報源になります。

口コミや噂から

スカウトやヘッドハンターは常時、人材に関する情報にアンテナを張り巡らせています。
口コミ評判や噂といった内容でも、裏付けを取れば立派な情報源として活用することがあります。

転職エージェントとの違い 競合他社はどこから情報を得ているの?

仮に候補者が求職活動中だった場合、本人が積極的にリサーチをしている可能性が高いため、エージェントにとっては非常に見つけやすいでしょうし、本人の経歴が申し分なければ声が掛かる確率は充分です。…が、ここでメリットが得られるのはあくまでも転職エージェントに限ります。

キーネットワークのようなヘッドハンティング企業の場合、優秀な人材を見極めるための情報の精査に時間を要するので、そもそもスピーディーな対応が必要とされる転職エージェントとは情報収集方法に大きな差があるのです。

ヘッドハンティングを利用する候補者は急いで転職を実現したい、というより優先したいのは「今より条件の良い企業をゆっくり探す」でしょうから、エージェントもそれに見合った良質な情報を提供する義務が課せられるのかもしれませんね。

では、転職エージェントとヘッドハンティング会社の違いは具体的にどのようなものなのか、以下にまとめました。

転職エージェントとヘッドハンティング会社の違い
  • 候補者の転職意思:一刻も早く転職先を決めたいなら転職エージェント、今より条件が良い企業を時間をかけてじっくり探したいならヘッドハンティング会社
  • 候補者のスペック:転職エージェントを利用する場合あくまでも目的は「転職」のため候補者の経歴に関係なくエージェントは転職先を紹介するが、一方ヘッドハンティング会社は候補者の個人情報を予めチェックしより優秀な候補者を優先的にスカウトしていく
  • 案件の質:転職を希望する候補者は若手が多いが、ヘッドハンティング会社の候補者はそもそもがハイスペック揃いのため、転職早々幹部や社長候補になれるエグゼクティブ案件が中心となる

「転職エージェントとの違い」にも記載したように、「最終的に人材と企業とをマッチングさせるという点では一緒」なので、まずは候補者の転職意思の方向性を明確にすることが重要でしょう。

またもうひとつ肝心なのが「候補者のスペック」です。転職エージェントの場合は比較的若手が対象者となる傾向にある一方で、ヘッドハンティング会社が扱うのはあくまでも「プレミア案件」です。つまり、候補者には転職後すぐ経営の中心を担える力量が期待され、年収も1,000万円前後が約束された人物が対象となるため、そこはきちんと抑えておくと良いでしょう。

スカウトの面談は通常どこで行われるもの?

喫茶店

候補者との面談は、シティホテルのラウンジか主要駅近くの比較的静かな喫茶店で行われます。
具体的には、シティホテルの場合、帝国ホテル・パレスホテル・日航ホテル他から選ばれる可能性が高いそうですが、担当エージェントに相談すれば候補者の移動しやすい場所に適宜変更してもらえる旨が公式サイトに記載されています。

上記はキーネットワーク株式会社の場合ですが、では競合他社では通常どのような場所で面談を行っているのでしょう?

まず重宝されやすいのが「駅直結ホテル」です。キーネットワーク株式会社でもシティホテルを活用することはあるものの、恐らく誰もが「高級ホテルのほうが見栄えが良いのでは?」という考えが頭をよぎると思います。

しかし、スカウトエージェントにとって何より重要なのは「候補者の利便性」です。多くの場合、候補者が希望する街の最寄り駅直結型ホテルを利用しますが、その理由は先方の移動のしやすさを考慮するためで、「話しやすい雰囲気づくりは可能だが数に限りがある」高級ホテルはどうしても避けられる傾向にあるようです。

スカウトでの転職は有利?プレッシャーは?

転職成功
ジョブリエ編集部
スカウトされて転職する場合、新しい会社では有利になるのか、お金や手間をかけて引き抜かれているのだからプレッシャーが強いのでは、といった疑問が浮かぶのは当然のことでしょう。

面接や条件交渉、給与アップなどで有利

スカウトやヘッドハンティングではクライアント企業の依頼に応じて行われているので、転職時の流れで有利に働くことが多くなります。

通常の登録型の転職では数多くの面接をこなさなければいけないところ、最初から役員や社長面接に進めることも珍しくありません。

また、給与や待遇などの細かい条件を出して交渉することもできます。

プレッシャーがあるのは当然

スカウトの場合、多くが新しい職場で責任者やプロジェクトリーダー、新規事業立ち上げなど重要なポジションに就きます。

成功が求められる環境でプレッシャーがあるのは当然ですが、スカウトはクライアント企業が求める人物像に最適な人を選び、企業も納得のいくマッチングをして雇っているのですから、最初から適材適所になっているので、自分の実力を存分に発揮できる環境が整っており、プレッシャーを受けつつも成果を出すは容易です。

キーネットワーク株式会社の採用情報

キーネットワーク株式会社の採用情報
ジョブリエ編集部
ここからは、キーネットワーク株式会社で働くことに興味がある方に向けて、採用・求人情報を紹介します。

キーネットワーク株式会社では、公式ホームページで「営業」「企画」「マーケター」「データ管理」「システム保守・運用」職種の募集を行っています。

業務内容

コンサルティング営業職としてキーネットワーク株式会社に就職した場合の主な業務は、情報の「リサーチ」「アプローチ」です。

入社後、企画・マーケティング及びアプローチ業務からスタートし、あらゆるビジネスの基本に当たる「リサーチ」「アプローチ」を習得することで、マネジメント力を身に着けるなど自身のスキルUPやキャリアデザインに活用できます。

キーネットワーク株式会社に就職後、ビジネスの基本を学びながらキャリアを積み重ねていけば、グループ内の会社移動・キャリアチェンジといった独自のメリットが得られ、自由な選択肢から自身の可能性を更に広げていけるでしょう。

求める人物像

求められている人物像は、「共に高めてゆく努力ができる人」です。

行動指針、仲間として一緒に働ける条件として掲げる「素直」「前向き」「責任感」「礼節」「感謝・報恩」「向上心」「一生懸命」「元気な挨拶と笑顔の交流」に共感することができ、一緒に成長していける人が求められています。

採用の流れ・募集要項

採用までの流れは、1~3次までの面接で採用、不採用が決められます。
以下、募集要項を一部抜粋したものを紹介します。

【募集要項抜粋】
  • 勤務地:本社(東京都中央区銀座一丁目)
  • 給与:経験、能力を考慮
  • 昇給:四半期ごと年4回の給与査定による
  • 勤務時間:9:00~18:00
    ※職種によりシフト制
  • 休日・休暇:完全週休2日制(土日/職種によってはシフト制)、祝日、夏季、年末年始、有給休暇、慶弔休暇、特別休暇
  • 福利厚生:交通費(弊社規定に基づき月額上限5万円)、各種社会保険完備
  • 教育制度:新入社員研修、OJT、幹部研修、財務・会計研修、IT研修

福利厚生・社内制度・評価制度

キーネットワーク株式会社では、パワーチャージ休暇制度やリフレッシュ休暇補助金制度、達成旅行補助金制度といった社内制度があります。

また、四半期査定制度、成績優秀社員が表彰されるアワードもあり、社員は正当に評価されます。

福利厚生も、在宅勤務制度、配属部署の希望やプロジェクトへの参加希望などを出せる自己申告制度、働くママをサポートする育児制度があり手厚いと言えます。

キーネットワーク株式会社の社員からの評判/口コミ

ジョブリエ編集部
キーネットワークで働く社員からの評判や口コミについても、どのようなものがあるのか調査し、まとめてみました。

新たな人生を提案できることがやりがい

それまで転職を考えていなかった人にアプローチし、環境を変えて異なるステージで活躍する「新たな人生」を提案できること、スカウトする人の人生を大きく変える転機に関われるのはやりがいを感じる。

自分以外の人に新たな人生を提案できる仕事は少なく、キーネットワーク株式会社で働くことでそういった経験ができることは極めて貴重です。だからこそ、やりがいを感じられるのでしょう。

人や企業に貢献できる満足感

転職した人から「あの時話を聞いて良かった」との言葉をかけてもらい、転職した人にも、クライアント企業にも貢献できたという満足感が得られる。

転職者やクライアント企業から感謝の言葉を述べられると、自分の働きによって貢献できたという満足感が得られるようです。人に嫌がられる仕事よりも、感謝される仕事の方が働きがいも大きいですね。

安心して働ける会社の業績

キーネットワークは毎年増収増益を続けていて、純利益率も高いので安心して働ける。
また、金融危機や災害対策も行っていることもありがたい。

社員として会社に勤めるにあたって、長期的に安定して働くことができるかは重要です。キーネットワーク株式会社なら、業績も良く、自社で金融危機や災害対策も行っているため、より安心して働けます。

キーネットワーク株式会社の社員からの評判/口コミまとめ

ジョブリエ編集部
キーネットワーク株式会社の社員の方は、仕事にやりがいや満足感を感じている方が多く、給与面や制度面など待遇も良いので評判や口コミからはホワイト企業だと言えます。

また、業績も安定しており、会社が潰れてしまうのではないかという心配をすることもなく、社員が伸び伸びと働ける職場環境も整っていることが、評判や口コミからうかがえました。

スカウト業界ってホワイト?ブラックなの?

パズルのピース
ジョブリエ編集部
ここからはスカウト業界について、深堀りしていこうと思います。

スカウト業界は、非公開求人などで秘密裏にスカウト、ヘッドハンティングが行われる事も多く、あまりヘッドハンター自身にスポットライトが当たることはなく、一般の方にとっては謎のヴェールがかかった業界なのではないでしょうか。

スカウト・ヘッドハンティング業界で働きたいと考える方にとって重要なホワイト業界なのか、ブラック業界なのかについて調べてみました。

スカウト業界は有料職業紹介事業者

手数料を取って職業を紹介するスカウト・ヘッドハンティング事業を行うためには、厚生労働大臣から許可を受けた有料職業紹介事業者である必要があります。

スカウト・ヘッドハンティングには人を引き抜くという悪いイメージがあるかもしれませんが、ちゃんと国から許認可を受けたホワイトなお仕事です。

スカウト・ヘッドハンティング業界での仕事

スカウト・ヘッドハンティングの流れでも紹介しましたが、スカウト・ヘッドハンティングには、人材を探し出す「リサーチャー」と実際に人材と面談して転籍の話をすすめる「ヘッドハンター」という業務があります。

「リサーチャー」は常時人材を探し続けていて、転職市場にいない人材にとっては、いきなり電話をかけてきて今の会社から離れることをすすめる“悪い人”と思われることもあり、邪険に扱われることがあるのが心の負担になることもあるでしょう。

また、「ヘッドハンター」は人材に合わせて様々な場所を飛び回る忙しい仕事です。
人材が会える時間が夜だけならそれに合わせる必要もあるでしょうし、常に定時で働きたい、と考える方にとってはブラック業界と映ってしまうかもしれません。

ただ、「リサーチャー」も「ヘッドハンター」も、人材にとって適した働き場所を提示して、人材がその能力を発揮することや、適材適所で正当でより高い評価を受けるために働いているので、仕事に対する満足感は非常に高くなっています。

スカウト業界の現状と今後について

日本の人口は、少子高齢化、出生率低下により、2008年の1億2808万人をピークに減少し続け、2060年には9,000万人以下になるという衝撃的なデータもあります(総務省統計局による)。

働き手の若年層の減少により、今後ますます人手不足は深刻化します。
その中で、適材適所を業務とするスカウト業界は市場を拡大していて、成長業界と言えます。

かつては引き抜き、スカウト、ヘッドハンティングといった言葉にはマイナスイメージが強かったですが、日本でもキャリアアップをイメージして働く方は増え、スカウト業界に対するアレルギーは過去のものとなりつつあります。

まとめ

ジョブリエ編集部
スカウト業界というあまり表立って取り上げられることのない業界で強みをもつキーネットワーク株式会社について、どのような会社なのか、評判や口コミはどうなっているのかなどを紹介しました。

企業と人材の橋渡しとなるスカウト会社として、就業環境が良く、スカウトされる側としても信頼できる会社であることがわかりました。

スカウト業界も今後の人手不足の社会においてさらなる成長が期待され、就職を考慮するという点においてもおすすめできる会社となっています。

会社概要

会社名キー・ネットワーク株式会社
代表者代表取締役 大仲研司
設立2012年11月12日
従業員数121名
アクセス〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-6 銀座東洋ビル3階
公式サイトhttps://www.keynetwork.co.jp/