【広告・出版業界/営業職】30代女性 Tさんの体験談

名刺交換 職業体験談

今回は、人気の業界である求人広告会社で営業として働くTさんにインタビューしてきました!
Tさんは、この会社に新卒で入社し、一度も転職せず営業一筋で働いている、明るい笑顔が印象的な女性です。
求人広告業界の良いところや悪いところ、営業職の魅力や大変なところなどを本音で話してもらいました。
リアルな現場の声を、就職活動・転職活動の参考にしてみてはいかがでしょうか?
まずは、Tさんのプロフィールをご紹介いたします。

Tさんのプロフィール

 名前 Tさん
 年代・性別 30代前半・女性
 最終学歴 大学卒(社会学部)
 経験社数1社
 1社目 マスコミ・出版業/営業 11年目
スキルExcel・Word・PowerPoint

【求人広告(マスコミ・出版業)業界】の体験談

求人広告業界を選んだ理由

ジョブリエくん
Tさん、よろしくお願いします!
T さん
よろしくお願いします!
ジョブリエくん
早速ですが、Tさんがこの広告業界を選んだ理由を聞かせてください。
T さん
子供のときから文章を書いたり、絵を書いたりすることが大好きだったんですよ。それで、大学も社会学部に入りました。
ジョブリエくん
ほうほう。
T さん
大学生の時に「コピーライター養成講座」というのに参加したんです。その講座がとても面白くて、マスコミ・出版業界に入りたいという気持ちがさらに強くなったのが理由です。
ジョブリエくん
なるほど。小さい時から好きなことを仕事にできたんですね!

求人広告業界の良いと思うところ

ジョブリエくん
求人広告業界に入ってみて、良いと思ったことはなんですか?
T さん
求人は、特定の業界じゃくてすべての業界を取り扱っているので、幅広い業界を回ることができるのはすごい楽しいですね。
ジョブリエくん
たしかに、いろいろな業界を扱えるっていうのは求人広告業界ならではですね!

求人広告業界の悪いと思うところ

ジョブリエくん
では、逆に悪いと感じることはありますか?
T さん
そうですね。競合が多い点でしょうか。
また、景気にも左右されやすい業界でもあります。
ジョブリエくん
何か過去に大変だったエピソードはありますか?
T さん
2008年のリーマンショックの時はかなりダメージを受けましたね。
リーマンショックで、求人を出す企業が激減して、求人広告業界はかなり厳しい状況になりました。うちの会社もリストラをおこないました…。
景気によって、そういったこともありえる業界です。
ジョブリエくん
そうだったんですね…。
広告業界は、華やかな業界のイメージがありますが、実際はどんなところなんですか?
T さん
そうですよね~。よく、広告作ってるってカッコイイ!とか言われるんですよ。
でも実際は、テレアポを1日に何百件とか、飛び込み営業とか、締切に追われるとか、実際の作業は泥臭いことをやっています。
そんな華やかな業界ではありませんよ。
ジョブリエくん
そうなんですね。
現場のみなさんは汗水流して頑張っているんですね。

求人広告業界に向いている人はどんな人?

ジョブリエくん
求人広告業界に向いてる人は、どんな人だと思いますか?
T さん
あんまり深く考えない人!(笑)
ジョブリエくん
え?どういうことですか?(笑)
T さん
やっぱりお客さんからキツイことを言われるんですよ。そういうことを毎回気にしていると身が持たないです(笑)。
コレは営業職ともかぶってきてしまうんですけど、ある程度割り切れる人っていうのはポイントのひとつかと思いますね。
ジョブリエくん
なるほど~。
T さん
あとは、好奇心旺盛な人ですね。
いろいろな業界を回りますし、相手の話を興味をもって聞いて、それをさらに「それは、何でですか?」とか掘り下げて聞くことができるっていうのは大事です。
ジョブリエくん
ただ聞いているだけではダメなんですね。
T さん
はい。向こうの話をただ聞いてメモっているだけでは、いざ原稿を書く時に薄い内容になってしまいますから。
なんでこういう答えが出たのかっていうところまで、理解できてないとダメですね。

今後の求人広告業界について

ジョブリエくん
今後の求人広告業界について、Tさんはどうお考えですか?
T さん
う~~ん、そうですね~…。
多分みなさんも、就活・転職するときに求人を探すのはネットからだと思うんですよね。現状、紙媒体はかなり減っていてメインはネットなんです。
ジョブリエくん
たしかに、最近求人誌で探したりしないですね。
T さん
そうなんですよ。で、今後もそれが進むと思いますが、最近どんどんと、自社のHPを充実させている企業が増えているんです。そこに求人・採用情報を掲載して、さらに検索順位に上位に表示されるよう対策していっています。
それがしっかりできれば、お金を払って求人媒体に載せる必要性がなくなってきてしまうんです。
なので、求人広告業界は薄利多売の傾向になっていく可能性があるな…と思います。
ジョブリエくん
なるほど。たしかに最近、どの企業のHPも力を入れて作ってありますね。充実した内容のところ多いです。

求人広告業界への就職を希望する人へ一言

ジョブリエくん
求人広告業界を希望・気になっている就活中の人に何かアドバイスや伝えたいことはありますか?
T さん
競合が多いので、負けず嫌いに取り組んでくれれば、いろいろな業界も知れますし、面白い仕事だと思いますよ!

【会社】の体験談

業務内容

ジョブリエくん
では、今度はTさんの在籍している会社について教えてください。
会社の事業内容はなんですか?
T さん
求人広告が中心の広告代理店です。効果的な求人広告の制作をはじめてとして、会社さんの採用をトータルにサポートしています。
ジョブリエくん
Tさんの担当業務は何ですか?
T さん
私は、営業をやっています。
主な内容としては、テレアポ、飛び込み営業、企画・提案、取材・撮影・原稿作成・原稿回収・新人指導、などをやっています。
ジョブリエくん
一言で営業といっても、業務は色々とあるんですね。
T さん
そうですね。ただ新規の契約をとるだけじゃなくて、既存のお客さんのところに行って、コストを抑えて採用するためには~とか、どの媒体にどれだけ予算を使うか~とか提案したり入り込んだ内容も打合せしたりします。

会社の良いところ

ジョブリエくん
Tさんの働く会社の良いところってどんなところですか?
T さん
数字を達成した人への見返りがしっかりしているところですね!
数字上げれば上げた分だけインセンティブ(お金)がもらえますし、達成旅行などにも連れてってもらえます。
ジョブリエくん
どんなところに旅行いくんですか?
T さん
海外です!リゾート地だったり、世界遺産があるような国だったり!もちろん旅費は会社負担です。私もなんですが、旅行好きな人には最高ですよ!
ジョブリエくん
おおお!頑張る気が起きますね!
他に良いところはありますか?
T さん
あとは、やるべきこときちんとやっていれば、休みも比較的とれます。
あとは上下関係が厳しくなくて、なんでも相談しやすい環境ですね。意見も言える風通しの良い社風ですし、会社で旅行も行くことが多いからか、とても仲が良いです。
ジョブリエくん
なんだかすごい楽しそうな職場ですね!
T さん
はい、とても楽しいですよ!
ただ、あまり会社で旅行とか、飲みに行くとかがあまり好きじゃない人には逆にツライかもしれないですね。

会社の悪いところ

ジョブリエくん
では、逆に悪いと思うところは何かありますか?
T さん
う~ん、老舗な会社なんで、付き合いの長いお客さんに甘えている部分はあるかもしれませんね。もっと出来るようなところを、なぁなぁな状況にしちゃうときがありますね。
あとは、扱っている原稿本数が多いので社内で起こるミスも結構多いです。これは本当改善しないといけないところだと思っています。ミスすると、さらに仕事が増えちゃいますからね。
ジョブリエくん
なるほど~。
T さん
あとは、仲が良いからか、すぐ社内に話しが広まりますね(笑)。

社内環境について

ジョブリエくん
Tさんの会社は、従業員の男女比は?
T さん
男性7:女性3くらいですかね。
ジョブリエくん
年齢層はどうですか?
T さん
新卒も採ってますし、20代~50代までいますね。コア層は30代ですかね。
ジョブリエくん
どんな人たちが働いていますか?社内の雰囲気を教えてください!
T さん
騒がしいですかね!テレアポとかしているので、シーーンとした職場ではないですね。
従業員の人柄は、ひょうきんな人が多いですかね(笑)。話しやすい人がおおいです。
ただ、締め切り前になると社内の雰囲気はピリピリしますよ。
T さん
年功序列ですか?
T さん
いや、実力主義ですかね。あと、多少の優しさ(笑)。これは説明しようがありませんが。

【営業】の体験談

営業で身についたスキル

ジョブリエくん
10年以上営業をやってきて、身についたことってなんですか?
T さん
数字に対する執着心ですかね。営業は、数字をとってなんぼなんで。数字への貪欲さは、入社したての時より身についていると思います。
ジョブリエくん
そうですよね、営業さんは常に数字との勝負ですもんね。
T さん
あとは、やっぱりコミュニケーション能力が上がりましたね。
もともと人と話すのは好きでしたが、さらに得意になりましたし、相手のキャラを見極められるようになって、こういう人にはこういう対応をしたほうがいいって、自分のキャラも使い分けられるようになりました。
ジョブリエくん
たしかに、Tさんはとても接しやすい雰囲気があります!話しやすいです。
T さん
よく言われます(笑)

営業の良いところ

ジョブリエくん
営業やってて良かったな~~!って思うことはありますか?
T さん
自分が頑張れば結果に繋がるところですね。頑張り次第な職種なんで。
あとは、いろんな会社を回るのでいろんな業界を知れますし、いろんな人からいろんな話を聞けるのはとても楽しいです。知っていることが増えましたね。
大変なこともたくさんありますけど、得るものもたくさんありますね。

営業のツライところ

ジョブリエくん
では、その営業をやってて大変と思う所はどんなところなんですか?
T さん
ともかく数字に追われるところですね…目標数字がありますので、それを達成していないとかなり詰められます。数字の呪縛が常に付きまとうのはツライですね(笑)
あとはお客さんからのクレーム対応も発生しますので、時間とメンタルを使いますね…。

営業に向いている人は?

ジョブリエくん
では、どんな人が営業に向いていると思いますか?
T さん
メンタルの強い人!
怒られて毎回毎回凹んでるような人はダメですね。なので、仕事でのストレスの発散方法を知っている人じゃないとメンタルが持たないかもしれません。
あとは、いろんな事や人に柔軟に対応できる人。そしてコミュニケーション能力のある人ですね。人と関わるが苦手な人には向いてないと思います。
ジョブリエくん
なるほど!ちなみに、営業をやっている人には、どんな人が多いですか?
T さん
ひょうきんな人が多いですかね(笑)
あとはやっぱり人と関わるのが好きな人。いろんなことに興味を持つ人が多いです。

営業を希望する人へのアドバイス

ジョブリエくん
営業職で就職活動をしている人や、今営業で頑張っている人に何かアドバイスはありますか?
T さん
今、就職活動中で営業をやろうか迷っている人へのアドバイスとしては、自分のやりたいことがわからない人にはオススメしますね。
なんでかというと、色々な業界や人に触れることができるので、そこから自分がやりたいことが見つかるかもしれないから。あと営業やってると、引き抜きとかも多いので。だからとりあえず営業やってみるのも、悪くないと思いますよ。
ジョブリエくん
なるほど。自分の目で耳で、業界を知ることができますもんね。他に伝えたいことはありますか?
T さん
営業始めたばかりとか、これからやる人へは、あまりお客さん中心に考えすぎないように!ってことですかね。もちろんお客さまへのサービスは必要なんですけど、あんまりにもお客さまのために!!って考えすぎるとメンタルが持ちませんし、お客さまはたくさんいるので、ひとつのところに固執しちゃうと仕事を捌ききれません。数字にも影響しちゃいます。
T さん
あ!あとは、新聞やニュースをチェックして世の中の動きを知ることは大事ですよ。
○○会社が上場したとか、○○屋がどこどこに新店舗を出店した~とか。そういうのを見て、あ、ここに営業かけてみようとかありますから。ニーズを自分から探し出すためにも、ニュースやトレンドはチェックしたほうがいいですよ。
ジョブリエくん
なるほど!求人広告業界の営業ならではの視点ですね!

【仕事に大事なこと】とは

ジョブリエくん
では、最後にTさんが思う「仕事に大事なこと」、「働く上で常に意識していること」を教えてください。
T さん
「仕方がない」って思うことですね。なんか後ろ向きな感じの響きですけど、良い意味でですよ(笑)
色々ツライこととか、腑に落ちないこととかありますけど、お金をもらっているわけですから、もらっている以上色々と耐えることが必要だと思うんです。
今、私は営業ですごい大きい数字を背負っているんで、いちいち小さいことにヘコんだりしていられないです。
自分がもらっている給与に見合った仕事をすることです。
最近は、自分の給与のためとかではなく、内勤の人たちの給与や、会社の経費などを意識して、会社の利益を上げることを意識して働いています。営業が売上をあげないとですからね。
ジョブリエくん
Tさん、貴重な体験談ありがとうございました!