明成物流はどんな会社?強み・営業所・物流業界の実態を知ろう!

明成物流は1995年創業の運送・倉庫・リサイクル業を行っている会社。品質管理の難しい飲料水や工業製品、機密文書から産業廃棄物から一般廃棄物までさまざまなモノを西は九州から北は青森まで運送しています。

そんな明成物流の強みや展望、企業理念とは?明成物流の社員の方に伺いました!

また、就活生には嬉しい、物流業界の強みと弱みといった『業界研究』も行っています。

物流業界に興味がある!環境に貢献できる企業で働きたい!といった方はぜひご覧ください。

明成物流とは

明成物流の行田営業所西棟

明成物流は、商品の輸送・リサイクルなどを行っている会社です。西は九州、北は青森県まで日々物資の運送をしております。

創業は1995年7月とそこまで歴史の深い会社ではありませんが、毎日の業務内容が評価され、現在では全国各地にお客様がいらっしゃいます。

2010年には倉庫業を兼務している行田営業所も開設し、さらに多くのお客様のご要望にお応えできる体制を整えました。

輸送においては、特に高い品質を求められる、飲料や工業製品、機密文書などの運搬を得意としています。ほかにも産業廃棄物や一般廃棄物など、お客様のご要望にできる限りお応えして、何でも配送しております。

また安全運転にも注力しており、近年では固定型と特出型のアルコールチェッカーを設置。2011年には前橋中央営業所が公益社団法人全日本トラック協会より安全性優良事業所に認定されました。

ほかにも、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)やISO14001(環境マネジメントテシステム)といった国際認定規格、プライバシーマークも取得し、運送業としての社会的責任を果たしております。

お客様の大切な商品の輸送・リサイクルにできる限り対応するため、総合ロジスティクス企業を目指して、日々ネットワークの構築に励んでいます。

明成物流の企業理念

明成物流では「大切な商品の輸送・リサイクルはお任せください」を企業理念に、物流業界で蓄積した豊富な知識とネットワークを強みに、高い輸送品質を求められる数々の商品や産業廃棄物、一般廃棄物などの製品を運送しております。

創業から20年以上が経過し、おかげさまで会社の基盤も整い、地元産業にも微力ながら貢献できるようになり、高い評価をいただけるようになりました。

これからも、お客様のニーズにできる限りお応えできる、総合ロジスティクス企業を目指していきたいです。

明成物流の強み

①柔軟かつ幅広い対応

明成物流では、お客様の要望に最大限お応えするため、柔軟かつ幅広い対応を心がけています。

例えば、運送に関しては西は九州、北は青森県まで対応。トラクターヘッド、セミトレーラーウイング車、アームロールセ

ミトレーラー車、セミトレーラー平ボディ車、ウイング車、アームロール車など多種多様な車両を用意しております。

お客様の大事な商品を輸送・リサイクルするため、できる限りの体制構築を目指しています。

明成物流の所有トラック

②数々の認証を取得

明成物流は安全性にもこだわっております。

安全運転・業務を遂行するため、ISO14001認証、ISO27001認証、プライバシーマーク、Gマーク(安全認定)などさまざまな認証を取得しました。それぞれの認証規格について説明します。

ISO14001認証

明成物流のISO14001認証取得証

ISO14001認証は環境マネジメントシステム(EMS)のこと。企業が環境に悪影響を及ぼしていないことを認証するための国際的な標準規格です。
IS

O14001認証を取得している企業は、環境目的・目標、環境パフォーマンスレベルなどの具体的な内容を自ら決定。目的・目標達成のため必要なプロセスに対して、どのようなことを実施・運用しているのか、結果を報告して、環境に悪影響を及ぼさないための措置を継続的に行い、新しい計画を立てるというPDCAサイクルをしっかり回している会社のみ認証を受けることができます。

ISO27001認証

明成物流のISO27001認証取得証

ISO27001認証は情報セキュリティに関する国際規格の一つ。個人情報や機密情報の管理、セキュリティなどに関する認証のため、情報セキュリティマネジメントシステムとも呼ばれています。

企業がISO27001の内容を守っているかどうかを認定する仕組みが「ISMS適合性評価制度」。

ISO27001を取得したい企業は、申請後、審査を受け、機密性・完全性・可用性が保たれていると評価された場合のみ、認証を受けることができます。

プライバシーマーク

明成物流のPマーク

プライバシーマーク制度は、個人情報について適切な保護措置をとっていたり、体制を整えていたりしていると認められた企業のみ受けられる認定です。取得後は、2年ごとの更新が必要になります。適合した企業はプライバシーマークが付与され、事業を運営するにあたりプライバシーマークの利用が認められます。

Gマーク(安全認定)

明成物流のGマーク

Gマークは、事業者の安全性を向上の意識を高めるための環境整備を行っているかどうかを判定するための制度です。全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会が運営を担っています。

約3割の事業所が安全性優良事業所として認定を受けており、明成物流では本社事業所と前橋中央営業所がGマークを取得しております。

ほかにも、デジタルタコグラフ(デジタル式の運行記録計)やアルコールチェッカーも業界に先駆けて導入するなど、明成物流は安全運転・業務の遂行を日々心がけております。

営業所一覧

当社の営業所をご紹介いたします。

明成物流本社

明成物流の本社の空撮写真

〒569-1101 埼玉県深谷市長在家198

敷地面積:15,000㎡

明成物流の要の営業所として稼働しており、面積は15,000平方メートルを誇ります。営業部門・管理部門も兼ね備えている物流拠点です。

嵐山営業所

明成物流のトラック

〒355-0204 埼玉県比企郡嵐山町花見台2-3

敷地面積:8,600㎡

前橋中央営業所

明成物流の前橋営業所

〒379-2153 群馬県前橋市上大島町111

敷地面積:7,800㎡

群馬地区に2拠点目のR3リサイクルドームです。環境とリサイクルに取り組む前橋中央営業所です。

行田営業所

明成物流の行田営業所の全景

〒361-0021  埼玉県行田市富士見町1-3-1

敷地面積:37,000㎡

行田営業所は、倉庫業の拠点として稼働しており、最大の面積を誇ります。延べ床面積は33,000平方メートル、敷地面積は37,000平方メートルです。

物流業界ってどうなの?現在の状況と今後について

高速道路

物流業界は、物質的に満たされている現代においてなくてはならない基幹産業です。私たちの生活にも密着しており、消費者が生産者の製造した商品を受け取るには、必ず物流がなくてはなりません。まさに生産者と消費者の橋渡しともいえる産業です。

そんな物流業界は現在、インターネットの台頭により、オンラインショッピングを利用する人が増えたため、人材不足に悩まされております。

現在の物流業界の人手不足は深刻で、今こそ業界全体の見直しが必要とされています。

物流業界の人手不足を根本的に解決するには、制度の見直しが大事です。
例えば、同業他社が同一の商品を運ぶとき協力して同じトラックに荷物を積む共同配送サービス。このシステムを利用すれば、大口の配送となりコストカットできるうえ、安定した配送も期待できます。

また自動運転車を含めた自動搬送ロボットの活用も期待されています。最新テクノロジーを利用することで、これまで人が行ってきた倉庫内のピッキングなどの業務を効率化することができるでしょう。

そういった意味では、これからの進化を非常に期待できる業界といえます。

物流業界の強みと弱みについて

倉庫

日本の物流業界の強みは、なんといっても高い品質を誇るサービスや接客、現場改善力。

海外に比較すると日本の配送サービスのレベルはかなり高く、手頃な値段で、期日までに欲しいモノが手元に届くというのは外国では珍しいこと。個人向けに対しては、再配達など盗難などに配慮したサービスも一般化しています。

またBtoBにおいてはタイムリーな物流情報サービスの提供や倉庫業などさまざまな付随業務を行うことで売り上げを確保している会社も多いです。特に倉庫を持っている会社は多様なサービスを提供できます。

ただし、そこまで完璧なサービスを提供するからこそ、高コスト体質になってしまうというのが弱みでもあります。

特に業界は現在たくさんの会社がひしめき合っており、まさに過当競争。トラック運送会社・内航海運・港湾運送業の99%は中小企業であり、新規参入が容易なため、零細企業が乱立。

その結果、価格競争が起きてしまい、低コスト・高品質という現状が生まれています。

この弱みを克服するには、上述したとおり、業界全体の見直しやAI・IoTといった最新テクノロジーの導入が欠かせません。

業界に多弱みがある分、すでに述べましたが、進化の余地も大きいと考えられます。

明成物流の展望

明成物流の行田営業所東棟

明成物流は、今後より多くのお客様に商品の輸送・リサイクルを承るため、今まで以上の体制を構築していきたいと考えています。

高い輸送品質を求められる製品はもちろん、ゴミ問題がクローズアップされる中、廃棄物関連のリサイクルにもより一層力を入れていきたいです。

また近年は航空業界を中心としたアルコール摂取後の乗務や、あおり運転などの危険運転も問題視されるようになりました。当然のことながら、このような事態を発生させないため、さらなる安全運転に努め、社会的責任を果たしていきます。

2010年には行田営業所にて本格的な倉庫業をスタートさせましたが、今後さらに多くの物流拠点を稼働させることでお客様により良いサービスを提供することができるようになるでしょう。

そのためにも、今まで以上に高い従業員教育を行い、荷揚げや積み卸しなどお客様とのコミュニケーションを一層高めていきたいです。また労働環境改善のための施策も色々施していく所存です。

より多くのお客様に「明成物流さんにお願いしたい!」とお声をかけてもらえるよう、さらなる発展を目指していきたいと思います。

ジョブリエ編集部のまとめメモ

就活情報サイトジョブリエ
ジョブリエ編集部

明成物流についてわかりましたか?

明成物流は1995年に生まれた永田紙業傘下の物流会社。グループ会社である永田紙業が再資源化の取り組みを行っていることもあり、ただ運送するだけでなく、リサイクルという強みも持っています

現在、世界では環境問題が声高に叫ばれ、もちろん日本も他人事ではありません。

今後ますますリサイクルの需要は高まりますでしょうし、運送に関しても、すでに人手不足が深刻化しており、今後は人材不足解消に向けてIoTやAI、自動運転車など最新テクノロジーが続々と導入されることが予想されます。

そんな大きな変化の渦中を体験できる物流業界で、あなたも社会人として大きな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

会社概要

会社名明成物流株式会社
代表取締役永田耕太郎
創業平成7年7月27日
資本金1,700万円
事業内容一般貨物自動車運送業・貨物軽車輌等運送業及び貨物運送取扱い業/産業産廃物収集運搬/倉庫業/プラスチック成型材料製造業/前号に付帯関係する一切の業務
アクセス(本社)〒569-1101 埼玉県深谷市長在家198